クレジットカード現金化を利用時のよくあるトラブル

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

初心者の人がクレジットカードの現金化を利用するなら、利用前に必ず良く起こりうるトラブルについて学んでおきましょう。

フィッシング詐欺

まずクレジットカードの現金化をする上で気を付けてもらいたいトラブルは「フィッシング詐欺」です。

名前は聞いたことあるかもしれませんが、フィッシング詐欺とはカード会社や銀行などの金融機関、ポータルサイトなどからのメールを装ってWEBサイトに誘導してカード番号や口座番号、暗証番号などを搾取しようとする詐欺のことです。
手口としては、「カードが悪用されている」や「アカウントの有効期限が近づいている」などと不特定多数のメールを送って、そこに記載してあるURLに誘導して個人情報を記入させたりして情報を盗み取ろうとするものであり、これにひっかかてしまうと本人になりすましてクレジットカードが不正に利用されたり、預金を引き出されたりといった被害が起こります。

ちゃんとしたクレジットカード現金化業者の老舗ならカード番号や暗証番号などの入力を求めないので、業者からそういう要求があったらまず詐欺だと疑うようにしましょう。

身に覚えのない請求に注意

これはクレジットカードの現金化に限らずネットショッピングでよくあるトラブルですが、例えば注文した商品が届かなかったり、身に覚えのない請求書が届いたり、1度で済むはずの請求書が毎日届くなどといったケースが実際に起こっています。

トラブルを避けるポイントは、まず個人情報が盗まれないために現金化業者のHPがhttpsではじまるSSLで暗号化された画面であるということを確認することです。そのサイトが本物かどうかをそこで判断しましょう。

そして、現金化を利用する際には商品の返品・交換になる場合があるので、店の名前、住所、連絡先などを確認しておきましょう。また紛らわしい表示や誤解を生む表示の商品には手を付けないことが大切であり、一番肝心な個人情報の取り扱いをちゃんとしているところかどうかも確認しておいてください。サイトや使用目的を明記したサイトを利用することでトラブルに合う確率もぐっと抑えられますよ。

暗号化されたサイトを持つ安全な現金化業者の見分け方

サイトの鍵マークはブラウザ画面の一番下や上部に表示されており、その鍵マークをダブルクリックしてサーバ証明書が表示されたらそのサイトの現金化業者はちゃんとしている可能性が高いです。

特に個人情報を入力する画面ではSSLが利用されているかどうかを確認しましょう。ブラウザのアドレスバーに表示されるURLがちゃんとhttp://~であれば比較的安全といえるかもしれません。
購入時にメールに書かれたURLもブラウザに表示したときに全く違うURLに置き換わる場合があるので、怪しいと感じたらそのメールが正しいものかどうか、現金化業者の口コミや体験談などから判断しましょう。

まとめ

現金化に関連するトラブルはクレジットカード現金化業者が犯罪者と手を組んでいるケースもあります。

現金化業者が指定した商品を購入したら商品が届かず、購入先が業者と組んでいてその現金が流用されたり、カード情報を聞き出してそれを業者に流して悪用したりするので、ちょっとでも怪しいと感じることがあったら一度利用を止めましょう。そのまま使ってしまうと「まだ色々できるぞ」と裏を掴まれて悪化する恐れがありますよ。

他にも、芸能人になりすまして誘導しようとしたり、オンラインゲームでそういったトラブルも報告されています。人の欲を逆用して騙そうとする悪質な手段が横行し、「自分は巻き込まれない」なんてことはもう言えなくなってきています。自分の身近なところに罠が仕掛けられており、ふと個人情報を書いてしまうとあっという間に広まって被害に合います。
そういった事件にいざ巻き込まれてみないと個人情報の重要性についてなかなか実感できませんが、以上のような事案があるということを踏まえて、自分の身は自分で守りましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*