クレジットカードを作ろう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

クレジットカードは作りたいと思っても当たり前ですが、クレジットカードは誰でも簡単にホイホイと作れるものではありません。
キチンとした審査を行い、その名の通りカード会社にcresit(信用)されなければクレジットカードを所有することはできないのです。

クレジットカードの審査に通るためには?

クレジットカードの審査に通るためにはなるべく多くの情報をカード会社に伝えて、信用を勝ち取らなければなりません。
クレジットカードの審査では、属性審査がメインとなり、聞かれる内容として、①名前、②住所、③電話番号、④勤務先、⑤勤続年数、⑥職種および役職、⑦年収、⑧住居、⑨他社からの借り入れ状況、などが挙げられます。

基本的にはこれらの情報を元にしてコンピューターが点数をつけて、良い点数ならそのままカード制作へと進むことができますが、時にカード会社の人が改めてチェックして篩にかけるということも行っています。
コンピューターの点数をあげるために不自然に年収を上げたり、勤続年数を増やすことはNGですが、多少の上乗せぐらいならOKでしょう。

ただし、他社からの借り入れ状況は、マイナス評価ですが必ず信用情報を調べられるので、あとでばれて審査に落ちるぐらいなら、あらかじめ申告するようにしてください。
審査に通ってクレジットカードをしっかり作りたければ、見栄を張ってもよいですが、真っ赤なウソをつくことはNGですよ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメント

コメントを残す

*