クレジットカードの用途について

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

クレジットカードというと若い頃は馴染みのないもので持っているだけで大人なイメージがあるかもしれませんが、最近ではクレジットカードを持つこと自体は意外と難しいことではなく、海外旅行に行ったことのある大学生なら大抵はクレジットカードを作り、所有しています。

しかし大学生でも簡単に所有できるとはいえ所有していない人たちの中には、月々の返済が、キャッシングが…などとイメージして、借金をしているという感覚であまり好きではないという人もいるでしょう。
そこで、このページではまだクレジットカードを所有していない人たちが、すぐにでも所有したくなるようなクレジットカードの魅力を伝えていきます。

①クレジットカードで何でも買える

クレジットカードで出来ることは非常に多いです。

洋服や食品などの買い物ではもちろん使えますし、映画やテーマパークといった娯楽施設、最近では交通ICカードであるsuicaとクレジットカードが一緒になった商品も提供されています。

娯楽施設や買い物、食事などで外に行く際に、現金を持たなくてもカードさえ持っていれば全てを賄うことができる意味は大きく、通常クレジットカードを持っていなければ現金を紛失したり盗まれたりしても、誰も保証してくれません。
しかし、クレジットカードを紛失したり盗まれたりして、不正に利用された場合、被害届さえ出していれば使われた料金をカード会社が保証してくれるので安心です。

また、ネットショッピングでも大いに役立ち、クレジットカードを所有していないとサービスや商品を購入できないことがあり、1枚あるとないとでは大違いです。

ネットでの買い物の際には、料金が振り込まれていることを確認してから商品を発送してくれます。
その時に、現金を銀行に振り込むとなると平日の3時までに振り込まなければ、休日や注文したその日に発送してもらうことはできませんが、クレジットカードで支払えば平日に限らず土日でさえも簡単に注文が完了して、すぐに発送してもらい商品を早く手に入れることができるのです。

②クレジットカードで現金を得る

クレジットカードでは、ショッピングの他にキャッシングを利用できます。

しかしキャッシングはお金を借りることですが、利用時に月いくらまで利用できるようにするのか設定できるのですが、ついつい利用しすぎてしまい自分で支払うことが難しい額を月一で請求されてしまうこともあるので、キャッシングはあまり利用しないことが賢明なのですが、どうしても現金が必要な場合もあるでしょう。

そんな時、キャッシングを利用しなくてもクレジットカードさえ持っていれば現金化サービスを利用することで現金を手にすることができます。

現金化とは、現金化サービスを提供している業者に、欲しい金額を申し込んでからクレジットカードに設定してあるショッピング枠を使い商品を購入し、その商品を現金へと換金してもらうことによって現金を手に入れる方法です。
金利が発生しないため、換金率によってはキャッシングよりもお得に現金を手に入れることができるのでオススメですよ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*