悪徳業者に騙されないために確認すべきこと

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

現金化は、業者との間にトラブルが発生した場合、利用者側を守るための規則がないというデメリットがあるので、業者の中には、詐欺などを行う悪徳業者も存在するそうです。
そこで、安全に利用する裏技として、悪徳業者を避けるために必要なことを紹介していきます。

サービスについての知識を付ける

現金化を利用する人はサービスの仕組みについてよく分かっていない人もいるそうで、そんな人たちを言葉巧みにだますのが悪徳業者です。

現在ネットで現金化について調べると、色々出てくるので利用する前には自分である程度理解を深めてから利用した方が良いかもしれません。

業者のサイト状況から判断する

悪徳業者の特徴のひとつに、自社サイトに制作費をかけていないということが挙げられます。

クレジットカード現金化を利用する人のほとんどは、業者のサイトを確認し、インターネット経由で取引を行っているにもかかわらず、自社サイトの作りが雑になっている、サイト自体を持っていないなどの業者は怪しさ満点です。
おそらくサイト制作に力を入れていない業者は、何かのトラブルが起きたときにすぐに撤退することを考えています。なので、上記のようにサイトに制作費をかけていないであろうという場合は悪徳業者であると疑う必要があるでしょう。

サービスが良すぎる場合も疑う

他の現金化業者と比較して、サービス内容が良すぎるところもありますが、その場合も悪徳業者である可能性が高いです。

たとえば、現金化には換金率というものがあるのですが、この数字が特典やキャンペーンがないのに限りなく100%に近い数字になる場合は疑う必要があるでしょう。

なぜならクレジットカードの現金化では、業者が決算手数料などを負担するため必要経費や利益を差し引いて換金率を決定しており、換金率が高すぎる場合はどう考えても赤字にならざるを得ず、利用者をだます思惑がある場合もあるのです。

まとめ

また悪徳業者に騙されない手段としてインターネット上で、業者を利用した人の感想などが書かれているので一度このようなページで調べてみるのも良いでしょう。
ここで書かれている情報があまり芳しくなかったり、色々情報を調べる過程で少しでも怪しいと思うところが見つかった場合は、一度冷静になって考えて、場合によってはこのクレジットカード現金化業者を諦めることも必要だと思いますよ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*