クレジットカードを使って現金化をする方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

クレジットカードで出来ることは、ショッピングに利用したり、ポイントを貯めてマイルに変換したり、キャッシングを利用したり、競馬に利用したりと幅広いです。
もちろん、クレジットカードを使って現金を手にすることも出来ます。
法律違反じゃないの?という声も挙がるかもしれませんが、クレジットカードを用いた現金化は法律違反ではないらしく、その理由は現金化する方法に隠されているらしいので調べてみました。

商品買い取り方式

商品買い取り方式はクレジットカードのショッピング枠を使い、商品を買うことによって現金を手にする現金化の方法です。
一昔前までは、商品を購入するために店舗まで出向かなければなりませんでしたが、最近では電話やメールで現金化の申し込みが可能となり、比較的利用しやすくなったと言えます。

商品買い取り方式の仕組み

  1. 申し込み
  2. 電話で具体的な内容の確認
  3. 身分証確認
  4. 商品購入
  5. 商品受け取り・商品返送

このような流れでクレジットカードの現金化は可能となっており、購入した商品を業者が買い取ることにより、換金しているという形となっています。

まとめ

現金をいつ受け取ることができるのかですが、業者によって異なり、即日振込可能な業者もあれば一週間程度かかる業者もあります。
気になる換金率は70~90%以上と幅広く、どの業者も利用金額が大きいほど換金率は大きくなる傾向にありますが、中にはほぼ100%の換金率をうたっている場所もあり、そのような業者は悪徳業者の可能性が高いので注意が必要です。
ただし、この商品買い取り方式はシステム自体で法律違反と判断されたことはなく、詐欺行為でのみ逮捕されているので、悪徳業者にさえ引っかからなければ安心して利用できるでしょう。

キャッシュバック方式

キャッシュバック方式では商品買い取り方式と流れは一緒ですが、唯一違うのは商品を返送する必要がないことで、商品を買ってくれたお礼として現金もサービスするという仕組みとなっています。
よくスーパーや家電量販店で、キャッシュバックキャンペーン実施中となっているところがあると思いますが、そのキャンペーンを現金化を提供している業者では常に展開しているというイメージです。

もちろんキャッシュバック方式でもシステム自体で逮捕された事実はなく、詐欺行為を行った業者のみが逮捕されています。

なので、急な出費や生活費に使えるお金が無くなってしまったときには、給料日までを乗り切る手段としてクレジットカードを利用した現金化は大いに活躍してくれるといえるでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*